丹後半島あれやこれや

京都府北部
京丹後市・天橋立
丹後半島

丹後に残る伝説や謎

丹後には、小野小町、静御前、ガラシャ夫人、浦島太郎など歴史上の人物にまつわる伝説が多く残っています。また、丹後にはその昔、王国があったと言われています。


丹後に残る伝説

丹後王国open
大和朝廷以前、丹後には「大規模な王国」があったという説があります。その象徴として、丹後半島の巨大古墳は、4世紀後半に造られたものが多い。また、間人(たいざ)周辺には、日本海側では最大級の神明山古墳、形状から「王者の棺」と呼ばれる長持形石棺が出土した産土山古墳、古事記や日本書紀に記載のある「竹野媛」を祭った竹野神社など、歴史遺産が数多く残っています。これらのことからも、丹後にはこの地域を支配した海の豪族の姿があったと想定されます。
湯舟坂二号墳
湯舟坂二号墳 須田古墳群の一つで金銅装環頭大刀が出土した。

古代の里資料館
古代の里資料館 京丹後市内から発掘された考古資料などが展示。

竹野神社
竹野神社 丹後三大古墳の一つ「神明山古墳」の近くにある神社。

神明山古墳
神明山古墳 前方後円墳。網野銚子山古墳に次いで日本海側最大級の丹後三大古墳のひとつ。



丹後元伊勢伝説open
日本国中に疫病が大流行し、国民の半数が死亡するほどの猛威を振るいました。この国難を、宮中で祭祀している天照大神と倭大國魂神の不仲によるものと考えた天皇は、天照大神を皇女豊鍬入姫命に託して祀らせ、倭大國魂神を市磯長尾市に託して祀らせ、占いの結果祟りをなしている事が判明した大物主神を太田田根子に託して祀らせたところ、ようやく疫病は収まりました。天照大神が伊勢神宮の内宮に鎮座する以前に立ち寄った先を、元伊勢と呼びます。
籠神社
籠神社 お伊勢さまのふるさと、元伊勢の一社。



海人伝説open
丹後にはかつて、航海術に秀でた「海人族」と呼ばれる一族が住んでいたと言われています。古代この地方は、漁や、塩つくりなど、海にかかわって生活する人びとによって開かれていきました。そして火の神、「天火明」を先祖神とするこの人びとを「海部(あまべ)」と呼んだそうです。
矢田神社
矢田神社 久美浜町「海士(あま)」という地名にある神社。

海部小学校
海部小学校 「海士(あま)」の近くにある「橋爪(はしづめ)」という地名にある小学校(現在は統合により廃校)。

籠神社
籠神社 お伊勢さまのふるさと、元伊勢の一社。



浦島太郎伝説open
「うらしま太郎」の故郷と言われているのが伊根町です。伊根町にある浦嶋神社には今も伝説の玉手箱が保存されています。
また、浦嶋神社を出て、本庄浜の方へ少し行くと竜宮に通づる穴「龍穴」があります。
浦嶋神社
浦嶋神社 浦嶋子(浦嶋太郎)を筒川大明神として祀る神社。

本庄浜
本庄浜 浦嶋神社のすぐそばにある海水浴場で、物語の中で登場する「常世(とこよ)の浜」はこの本庄浜海水浴場といわれています。

龍穴
龍穴 浦島太郎が竜宮城から帰ってきた穴と伝わっています。浦嶋公園を出て本庄浜の方へ少し行くと「竜宮に通ずる穴」と記された小さな看板があります。